動物看護学科

東京愛犬は看護・美容両方をしっかり学べるのが特徴です。私はもともと動物看護士に憧れていましたが、美容の勉強を深めていくうちにすっかり楽しくなり就職先はトリミングも行うクリニックに決定。就職活動では看護士資格に加えJKCの資格を持っていることも高く評価されました。

こんな私ですが、入学時は何も知らない状態からスタート。でも、基礎からていねいに教えていただき2年間でしっかりと知識・技術を身につけることができました。また、現場経験豊富な先生方から伺う実際の現場のお話は面白く、楽しみながら学ぶことができたのもよかったと思っています。今は現場に出るのが楽しみです。後輩のみなさん、東京愛犬なら初心者でもしっかりフォローしてもらえるから安心して飛びこんで!あきらめず、夢に向かってがんばってください。

動物看護師の業務は想像以上に多様です。診察補助の他、受付・会計業務、調剤、臨床検査、入院患者のお世話…等々。覚えることもたくさんあり忙しいですが、患者さんが元気を取り戻していく姿を見ると、この仕事を選んでよかったと思います。予想外に難しいのは電話対応です。電話で病名や対処法について聞かれてすぐに答えられないこともあり悔しく思うこともあります。

東京愛犬で学んで特に役立っているのはトリミングの技術です。グルーミングや爪切り、肛門線の処理、保定なども看護師の仕事なので手際よくできるのは助かっています。また、トリミング知識を生かして皮膚病の患者さんのシャンプーや薬剤を提案し改善した時は、とても喜んでいただけて自信にもなりました。将来は、飼い主さんとのコミュニケーションを大事にして、飼い主さんにも動物にも寄り添っていける看護師になりたいと思っています。来年以降、動物看護師の資格が国家資格になります。あと数年経験を積んだ後、私も取得する予定です。仕事と勉強の両立は大変だと思いますが、大好きな動物たちのためにも頑張ります。